読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもの身長をさらに5㎝伸ばす方法

身長のばすためのミニ知識

レントゲンを撮ると、まだ背が伸びるかが分かる?!

こんにちは。

健康市場ドットコムのがっしーです。

f:id:sintyounobasu:20160908153256p:plain

骨折、ヒビなど何かしらのケガをして

整形外科に行った際、病院の先生から

『まだ今からも背が伸びるね~』

なんて言われたことがある方もいるのでは??

 

ふいに言われると

『えっなんでわかるの?!』

『どうして??』と

焦りますよね(笑)

 

なんで先生は

わかるのでしょうか(゜o゜)??

 

~レントゲンを見ればまだ伸びるかわかる?~

レントゲンを撮った際に、

先生はどこを見ているかというと、、、

 

『骨端線』です!!!

f:id:sintyounobasu:20160908151319p:plain

 

人間の膝の関節の部分は

人生何十年、走ってもこけても

大丈夫なように

とても高度な機能

「関節軟骨」をもっています。

 

膝にある軟骨部分は

摩擦係数が少なくて

骨と骨の間が痛くならない様に

ツルツルと滑らかに滑る機能を持っています。

 

おじいちゃんおばあちゃんの年齢になると

だんだん膝が痛い、、、

ギシギシとした痛みがある、、、

というお声をよく聞きます。

f:id:sintyounobasu:20160908152541p:plain

実は年齢を重ねると

この滑らかな動きをだす機能が

スムーズにいかないことで

関節の痛みが出るんです。。。

 

出来るだけこの場所は

この先何十年と残しておきたいので

成長するところはその場所を避けるのです。

 

 

成長する部分は

成長線とも言われていて

軟骨でできています。

 

骨の間に「成長軟骨」の部分があり、

軟骨でありながら

細胞分裂する増殖帯を持っています。

 

ここで細胞分裂が起こると

成長軟骨の層がジワジワと骨に近づいていき、

骨の血管も軟骨に入り込み血管ができてきます。

 

血管ができることで石灰化が起きて

軟骨がだんだんと骨になります。

 

これが骨が伸びていく

流れになります(゜_゜)

 

ちなみに大人の骨は

もう骨になった状態なので

骨端線は見えませんφ(..)

 

なので、レントゲンを撮った時に

この骨端線がみえていれば

まだ背は伸びるよ!!と

先生が教えてくれるのです(*^^)笑